恋はつづくよどこまでも あらすじ 3話

恋はつづくよどこまでも あらすじ 3話

上白石萌音と佐藤健が初共演!

「恋はつづくよどこまでも」1月28日(火)は、3話目の放送となります。

物語は、新米ナースが“ドSドクター”に恋するラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

恋はつづくよどこまでも あらすじ 3話は、下記の内容となります。

体調が回復し、仕事に戻った七瀬(上白石萌音)は、各種健康法を次々と試す高速バス運転手・巣鴨(岡部たかし)から、退院日を天堂(佐藤健)に確認するよう頼まれる。

一方、天堂は治療抵抗性心不全を患う女児・杏里(住田萌乃)に補助人工心臓を入れようと考える。

そんな折、七瀬は得意なはずの採血を立て続けに失敗。

天堂から、復調するまで‘針刺し’を禁じられる。

以上が、恋はつづくよどこまでも あらすじ 3話の紹介でした。

恋はつづくよどこまでもの放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:57 です。

上白石萌音さんと佐藤健さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント