科捜研の女 あらすじ 28話

科捜研の女 あらすじ 28話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

1月30日(木)は、28話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 28話は、下記に内容となります。

ダイエット企画に挑戦中のアナウンサー・七海(野呂佳代)が殺された。

七海が通うジムのトレーナー・美音(青山倫子)は厳しい指導で知られ、マリコ(沢口靖子)らは事件当日に2人の口論が目撃されていたと聞く。

そんな中、亜美(山本ひかる)は七海が辻井(賀集利樹)のジムにも通っていたことを突き止める。

そこは美音のジムとは真逆で、ゆったり系を提唱していた。

以上が、科捜研の女 あらすじ 28話 の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント