病院の治しかた あらすじ 3話

病院の治しかた あらすじ 3話

実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

2月3日(月)は、3話目の放送となります。

物語は、経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

病院の治しかた あらすじ 3話は、下記の内容となります。

有原総合病院の看護師が一斉に退職。

各部署が協力し仕事を回していたが、職員達は極限状態だった。

倉嶋(高嶋政伸)と総務部長・砂岡(福本伸一)は看護師補充に奔走するが、大量離脱の噂でどの看護学校からも門前払いされ、魅力がないとまで言われる始末。

話を聞いた修平(小泉孝太郎)は夜間救急に来た智美(安藤玉恵)の一言で、人手不足の中ではあり得ない策を思いつく。

以上が、病院の治しかた あらすじ 3話の紹介でした。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

小泉孝太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント