相棒 あらすじ 15話

相棒 あらすじ 15話

2020年1月の冬ドラマ 水曜日のおすすめは「相棒 season18」です。

誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。

水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。

2月5日(水)は、15話目の放送となります。

特命係vs“右京の元相棒"ついに決着!!

東京を襲う“逆五芒星事件"・・・

最終ターゲットは現相棒の冠城亘!?

天才vs天才の戦いは衝撃のラストへ!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 15話は、下記の内容となります。

右京(水谷豊)の前に現れた英国研修時代の‘相棒’・南井(伊武雅刀)が、東京の原宿と日暮里で被害者が出た連続殺人事件に関わっている可能性が浮上。

右京と亘(反町隆史)は内村(片桐竜次)と中園(小野了)に事態を報告するが、証拠は何もない。

英国の過去の事件から、右京らは次の殺人の場所と被害者像を予測。

そこへ、右京の元に南井から電話がかかってくる。

相棒 あらすじ 15話の紹介でした。

「相棒 season18」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん&反町隆史さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント