知らなくていいコト あらすじ 5話

知らなくていいコト あらすじ 5話

冬の連続ドラマ水曜日のオススメは、 吉高由里子さん主演 「知らなくていいコト」です。

物語は、大石静脚本のお仕事系ヒューマンドラマ

2月5日(水)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじをチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

知らなくていいコト あらすじ 5話は、下記の内容となります。

ケイト(吉高由里子)は尾高(柄本佑)に伴われ、30年前、乃十阿(小林薫)が‘事件’を起こしたキャンプ場の跡地を訪れる。

一方で、ケイトは元警察署長・沖田(勝野洋)が、親代わりをしてきた孫を殺害した事件の裁判を傍聴。

スパルタ教育が生んだ悲劇と騒がれていたが、ケイトは沖田が何か隠していると直感する。

周辺取材からは、スパルタ教育とは全く違う側面が見え・・・。

以上が、知らなくていいコト あらすじ 5話の紹介でした。

「知らなくていいコト」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

吉高由里子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント