駐在刑事 あらすじ 3話

駐在刑事 あらすじ 3話

人気シリーズの連ドラ第2弾!

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」2月7日(金)は、3話目の放送となります。

物語は、寺島進演じる“駐在さん”が奥多摩の平和を守る。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

駐在刑事 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

アウトドア施設で会社社長・沖永(窪寺昭)の遺体が見つかる。

社員の番場(阿部亮平)は、手を血に染めた同僚・宇佐美(忍成修吾)が部屋から飛び出すのを目撃したという。

江波(寺島進)や警視庁捜査一課の管理官・加倉井(北村有起哉)らが駆け付ける中、逃げた宇佐美は猟銃を奪い、遼子(笛木優子)や小学生の海人(高橋來)、妊婦・江里子(島崎遥香)ら5人を人質に立てこもる。

以上が、駐在刑事 あらすじ 3話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

寺島進さん ファンの方は、お見逃しなく‼

この記事へのコメント