病室で念仏を唱えないでください あらすじ 4話

病室で念仏を唱えないでください あらすじ 4話

伊藤英明が救命救急医兼僧侶の異色の役柄に挑む!

「病室で念仏を唱えないでください」2月7日(金)は、4話目の放送となります。

物語は、医療ヒューマンストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

病室で念仏を唱えないでください あらすじ 4話は、下記の内容となります。

全ての患者を受け入れたいと言う松本(伊藤英明)に研修医の田中(片寄涼太)が反発。

大病院の御曹司である田中は医療には限界があると考えていた。

一方、児嶋(松本穂香)は濱田(ムロツヨシ)から手術の助手に指名され、救急と関わらないよう忠告される。

そんな折、階段から転落した男性・長沢(本並健治)が一刻を争う容体に。

ところが、駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)が手術の中止を訴える。

以上が、病室で念仏を唱えないでください あらすじ 4話の紹介でした。

「病室で念仏を唱えないでください」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

伊藤英明さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント