テセウスの船 あらすじ 4話

テセウスの船 あらすじ 4話

竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む!

「テセウスの船」2月9日(日)は、4話目の放送となります。

物語は、 “父と子の絆”を描く本格ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

テセウスの船 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

突然、濃い霧に包まれてタイムスリップし、2020年の現代に戻ってしまった心(竹内涼真)。

事態の悪化を知り打ちひしがれながらも、拘置所に収監されている文吾(鈴木亮平)との面会を果たす。

年老いた文吾は、娘・鈴(貫地谷しほり)が面会に訪れたことを心に伝える。

そして、その時に聞いたと言って、鈴が現在暮らしている住所を心に教える。

心は姉の鈴に会いに行く。

以上が、テセウスの船 あらすじ 4話の紹介でした。

「テセウスの船」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

竹内涼真さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント