絶対零度 あらすじ 6話

絶対零度 あらすじ 6話

沢村一樹さん 主演「絶対零度」の続編は、横山裕、本田翼に新メンバーも迎えスケールアップ

2月10日(月)は、6話目の放送となります。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

絶対零度 あらすじ 6話は、下記のないょうとなります。

小田切(本田翼)とカメラマンの篠田(高杉真宙)の距離が縮まる中、猟奇殺人を犯して逮捕された17歳の航をミハンシステムが探知せず、公安部部長・曽根崎(浜田学)は敵視する井沢(沢村一樹)の責任を追及。

事件に裏を感じる香坂(水野美紀)の指示で航と会った井沢は、女性を殺害しバラバラにした航の供述に違和感を抱く。

一方、吉岡(森永悠希)が捜査を外れたいと言い出す。

以上が、絶対零度 あらすじ 6話の紹介でした。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント