病院の治しかた あらすじ 4話

病院の治しかた あらすじ 4話

実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

2月10日(月)は、4話目の放送となります。

物語は、経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

病院の治しかた あらすじ 4話は、下記の内容となります。

倉嶋(高嶋政伸)が正式な職員となり、有原総合病院は24時間、救急対応をする病院として再出発した。

だが小児科医に欠員が生じ、野林(松本岳)が1人で請け負う事態に。

野林と話してほしいと懇願する倉嶋だが、修平(小泉孝太郎)は24時間体制の維持で手いっぱいだ。

そんな中、野林が帝王切開の手術前に姿を消した。

産婦人科継続も難しくなり、閉鎖も取り沙汰されるが・・・。

以上が、病院の治しかた あらすじ 4話の紹介でした。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

小泉孝太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント