科捜研の女 あらすじ 30話

科捜研の女 あらすじ 30話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

2月13日(木)は、30話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 30話は、下記に内容となります。

ブログで人気の‘節約の達人’佐江(菊地美香)が殺される。

実際の佐江はぜいたく好きで、小遣い稼ぎのためブログを開設していた。

マリコ(沢口靖子)らは節約情報を提供していた図書館員・逸子(松岡依都美)を突き止める。

逸子は佐江を泊めたことは認めたが、殺害は否定。

そんな中、20年前の殺人事件で服役した逸子の母・志乃(筒井真理子)が捜査線上に浮かぶ。

以上が、科捜研の女 あらすじ 30話 の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント