アライブ あらすじ 6話

アライブ あらすじ 6話

冬の連続ドラマ木曜日のオススメは、松下奈緒さん、木村佳乃さん 主演 「アライブ がん専門医のカルテ」です。

物語は、がん治療に挑むメディカル・ヒューマンドラマ。

2月13日(木)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

アライブ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

ジャーナリストの関河(三浦翔平)が薫(木村佳乃)らの周囲を探る中、薫はある決意を固める。

一方、手術を控えた民代(高畑淳子)と話し、思い迷う心(松下奈緒)は、結城(清原翔)と共に患者の絵麻とその両親へのがん告知に臨む。

その後、心と薫は民代の手術を巡って意見が衝突。

そんな中、抗がん剤治療に否定的な絵麻の父が突然現れ、絵麻を連れ帰ろうと騒動を起こす。

以上が、アライブ あらすじ 6話の紹介でした。

アライブ がん専門医のカルテの放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

松下奈緒さん、木村佳乃さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント