テセウスの船 あらすじ 5話

テセウスの船 あらすじ 5話

竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む!

「テセウスの船」2月16日(日)は、5話目の放送となります。

物語は、 “父と子の絆”を描く本格ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

テセウスの船 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

心(竹内涼真)は変わってしまった現代で、由紀(上野樹里)が記者になり、姉の鈴が藍(貫地谷しほり)と名乗り別人として生きていることを知る。

義母・さつき(麻生祐未)の言動に藍が動揺する中、文吾(鈴木亮平)の事件について証言するという女性が現れた。

心は喜び、由紀と共に文吾の面会に向かう。

ところがその後、女性が証言の約束をなかったことにしてほしいと言い・・・。

以上が、テセウスの船 あらすじ 5話の紹介でした。

「テセウスの船」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

竹内涼真さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント