シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 6話

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 6話

清野菜名×横浜流星の“最凶バディ”誕生!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

2月16日(日)は、6話目の放送となります。

物語は、グレーな事件に隠された真相を華麗に暴く

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

偽者による事件でミスパンダが殺人容疑で指名手配され、警視庁捜査一課の三津谷(高橋努)と弥生(江口のりこ)が動く。

直輝(横浜流星)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)からミスパンダを処分するよう言われる。

レン(清野菜名)は門田の死に心を痛め、直輝に助けを求めるが、そんな彼女に衝撃の事態が。

一方、直輝は神代(要潤)の協力で、‘偽ミスパンダ’の正体を探り・・・。

以上が、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 6話の紹介でした。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

清野菜名さん、横浜流星さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント