トップナイフ あらすじ 6話

トップナイフ あらすじ 6話

天海祐希が天才脳外科医役で主演!

「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」

2月15日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く リアル・ドクターストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

トップナイフ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

かつて深山(天海祐希)の下で働いていた大澤(山本浩司)が、西郡(永山絢斗)の診察を受ける。

10年前、深山に解雇され、実家の病院を継いだ大澤は、‘もう一人の自分’が見えて困っていると話す。

リストラの噂にびくびくしていた幸子(広瀬アリス)は、ますます不安に。

一方、事故に巻き込まれて搬送された元高校球児の原田(笠松将)は、切断されて失った左腕の痛みを訴える。

以上が、トップナイフ あらすじ 6話の紹介でした。

トップナイフ-天才脳外科医の条件-の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

天海祐希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント