病院の治しかた あらすじ 5話

病院の治しかた あらすじ 5話

実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

2月17日(月)は、5話目の放送となります。

物語は、経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

病院の治しかた あらすじ 5話は、下記の内容となります。

修平(小泉孝太郎)は病院が赤字にもかかわらず心臓カテーテル室を作ろうとする。

さらに、外来を予約制にして患者数を減らし、入院患者を町の開業医に紹介してもらうシステムを提案する。

倉嶋(高嶋政伸)は、病院同士がまとまるとは思えず大反対。

ところが修平は「地域医療ネットワーク」の構築を強引に推し進め、外来クラークの江口(稲葉友)を連れて開業医巡りを始める。

以上が、病院の治しかた あらすじ 5話の紹介でした。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

小泉孝太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント