相棒 あらすじ 16話

相棒 あらすじ 16話

2020年1月の冬ドラマ 水曜日のおすすめは「相棒 season18」です。

誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。

水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。

2月19日(水)は、16話目の放送となります。

特命係“第三の男"陣川公平(原田龍二)登場!!

伝説の連続窃盗犯「けむり」が起こした殺人事件・・・。

再び、恋に落ちた陣川が波乱を呼ぶ!?

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 16話は、下記の内容となります。

介護施設理事長の殺人事件に連続窃盗犯‘けむり’の関与が浮上する中、元特命係の捜査二課刑事・陣川(原田龍二)が右京(水谷豊)と亘(反町隆史)の元へやって来る。

けむりの今までとは違う手口を気にする陣川は、右京らと捜査をしたいと意気込み、お気に入りの店員・理沙(飛鳥凛)のいる居酒屋に2人を同伴。

やがて、けむりの遺留品が残る新たな窃盗事件が発生する。

相棒 あらすじ 16話の紹介でした。

「相棒 season18」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん&反町隆史さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント