ケイジとケンジ あらすじ 6話

ケイジとケンジ あらすじ 6話

桐谷健太&東出昌大がW主演!

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」2月20日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、刑事と検事の異色バディが衝突しながら事件に挑む事件解決バディ・ドラマ!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ケイジとケンジ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

豪太(桐谷健太)と修平(東出昌大)、みなみ(比嘉愛未)は、行きつけの店で大貫(風間杜夫)と樫村(柳葉敏郎)に遭遇する。

一方、合コンがうまくいかず交番で田口(湯江タケユキ)に愚痴をこぼしていたひかる(今田美桜)は、逃走中のコンビニ強盗犯・半田を確保。

半田は送検されるが、樫村に八つ当たりされた修平の指示で、ひかるは半田の兄の所在を調べる羽目に。

それが大騒動に発展する。

以上が、ケイジとケンジ あらすじ 6話の紹介でした。

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

桐谷健太さん、東出昌大さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント