駐在刑事 あらすじ 5話

駐在刑事 あらすじ 5話

人気シリーズの連ドラ第2弾!

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」2月21日(金)は、5話目の放送となります。

物語は、寺島進演じる“駐在さん”が奥多摩の平和を守る。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

駐在刑事 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

大物フィクサー・大曾根(伊東四朗)の右腕と呼ばれた元部下で、殺人容疑で裁判中の葛城(本宮泰風)が警察病院から逃走。

加倉井(北村有起哉)は江波(寺島進)に復讐するためなのではと忠告する。

そんな中、奥多摩で男性の変死体が発見される。

元妻・羽川(真飛聖)に疑惑の目が向けられるが、遼子(笛木優子)がアリバイを証言。

そして、ついに葛城が姿を現し、江波が襲われる。

以上が、駐在刑事 あらすじ 5話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

寺島進さん ファンの方は、お見逃しなく‼

この記事へのコメント