テセウスの船 あらすじ 6話

テセウスの船 あらすじ 6話

竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む!

「テセウスの船」2月23日(日)は、6話目の放送となります。

物語は、 “父と子の絆”を描く本格ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

テセウスの船 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

心(竹内涼真)が倒れた藍(貫地谷しほり)を心配する中、事件の真犯人を知る紀子(芦名星)が死亡。

紀子の家にいたさつき(麻生祐未)も病院に運ばれた。

心は由紀(上野樹里)にさつきがいる病院を調べてもらい、事件の真相を聞き出そうとする。

その後、心はみきお(安藤政信)から電話を受け、由紀と共に彼の案内でさつきのマンションへ。

そこで、不気味な絵を発見する。

以上が、テセウスの船 あらすじ 6話の紹介でした。

「テセウスの船」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

竹内涼真さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント