シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 7話

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 7話

清野菜名×横浜流星の“最凶バディ”誕生!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

2月23日(日)は、7話目の放送となります。

物語は、グレーな事件に隠された真相を華麗に暴く

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

催眠が解けたミスパンダが、レン(清野菜名)ではなく、本当の名前であるリコを名乗った。

ミスパンダ誕生の経緯を聞いたリコは直輝(横浜流星)に、門田(山崎樹範)殺害犯を捕まえてほしいと告げる。

後日、彼女はレンとして目を覚まし、直輝との別れを振り切ろうと囲碁に集中。

一方で、あずさ(白石聖)は自分が「コアラ男」に誘拐された事件を神代(要潤)が調べていると知る。

以上が、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 7話の紹介でした。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

清野菜名さん、横浜流星さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント