病院の治しかた あらすじ 6話

病院の治しかた あらすじ 6話

実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

次回の放送は、1回休みで 6話目の放送は、3月2日(月)となります。




物語は、経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

病院の治しかた あらすじ 6話は、下記の内容となります。

地域医療ネットワークが軌道に乗った有原病院をさらに充実させるため、有原修平(小泉孝太郎)は救命救急センターの開設を宣言する。

再び始まった修平の暴走に周囲は大反対するが、倉嶋亮介(高嶋政伸)は短期間で赤字解消の見通しがたったことで銀行からの評価は上がっているといい、「勝算はある」と断言する。

だが、その見立てに反し、事業計画書を見た米田正光(中村雅俊)から「可能性を感じない」と追加融資を断られてしまい・・・。

以上が、病院の治しかた あらすじ 6話の紹介でした。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

小泉孝太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント