駐在刑事 あらすじ 6話

駐在刑事 あらすじ 6話

人気シリーズの連ドラ第2弾!

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」2月28日(金)は、6話目の放送となります。

物語は、寺島進演じる“駐在さん”が奥多摩の平和を守る。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

駐在刑事 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

美也子(市毛良枝)の夫で孝夫(鈴之助)の父親・岩男の13回忌に、山仲間で「奥多摩のクマタカを守る会」の人々や親友の登山家・風巻(渡辺裕之)が集まる。

江波(寺島進)は彼らが最近、ソーラーパネル建設のための森林伐採計画を巡り、建設会社社長・森瀬(相島一之)ともめていることを知る。

翌朝、崖下で森瀬の遺体と猟銃が発見され、血中から麻薬の成分が検出される。

以上が、駐在刑事 あらすじ 6話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

寺島進さん ファンの方は、お見逃しなく‼

この記事へのコメント