病室で念仏を唱えないでください あらすじ 7話

病室で念仏を唱えないでください あらすじ 7話

伊藤英明が救命救急医兼僧侶の異色の役柄に挑む!

「病室で念仏を唱えないでください」2月28日(金)は、7話目の放送となります。

物語は、医療ヒューマンストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

病室で念仏を唱えないでください あらすじ 7話は、下記の内容となります。

松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次(泉谷しげる)を説得しようと宮寺家を訪れるが、意見が対立し、口論になる。

そんな折、病院にも延命治療を望まない末期がん患者が搬送されてきて、松本はその人と向き合うことに。

直後に交通事故で搬送されてきた少年には心臓付近に手術痕があった。

松本が緊急手術を始めようとした矢先、濱田(ムロツヨシ)が手術室に入ってきて・・・。

以上が、病室で念仏を唱えないでください あらすじ 7話の紹介でした。

「病室で念仏を唱えないでください」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

伊藤英明さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント