テセウスの船 あらすじ 7話

テセウスの船 あらすじ 7話

竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む!

「テセウスの船」3月1日(日)は、7話目の放送となります。

物語は、 “父と子の絆”を描く本格ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

テセウスの船 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

事件前に再びタイムスリップした心(竹内涼真)は、文吾(鈴木亮平)と共にこの時代のみきお(柴崎楓雅)を捜す。

さつき(麻生祐未)によると、彼は「知り合いの家に行く」と言って姿を消したという。

心と文吾はみきおの家へ。

そこで、心はみきおの話を記録したレコーダーがないことに気付く。

一方、文吾はフロッピーディスクを発見。

そこにはみきおからのメッセージが・・・。

以上が、テセウスの船 あらすじ 7話の紹介でした。

「テセウスの船」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

竹内涼真さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント