恋はつづくよどこまでも あらすじ 8話

恋はつづくよどこまでも あらすじ 8話

上白石萌音と佐藤健が初共演!

「恋はつづくよどこまでも」3月3日(火)は、8話目の放送となります。

物語は、新米ナースが“ドSドクター”に恋するラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

恋はつづくよどこまでも あらすじ 8話は、下記の内容となります。

上条(清原翔)が突然、天堂(佐藤健)から暴力を受けたため訴えると主張する。

上条の担当を外れることになった天堂は、七瀬(上白石萌音)に上条を支えるよう頼む。

七瀬は天堂の思いを受け、上条のリハビリを献身的にサポート。

そんな中、小児用の補助人工心臓の認可が正式に下り、杏里(住田萌乃)の手術が可能になった。

天堂はその手術のメンバーに選ばれるが・・・。

以上が、恋はつづくよどこまでも あらすじ 8話の紹介でした。

恋はつづくよどこまでもの放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:57 です。

上白石萌音さんと佐藤健さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント