相棒 あらすじ 18話

相棒 あらすじ 18話

2020年1月の冬ドラマ 水曜日のおすすめは「相棒 season18」です。

誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。

水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。

3月4日(水)は、18話目の放送となります。

1億円強奪事件が発生!!

さらに殺人事件も・・・!?

名物キャラクター・ヒロコママが12年ぶりに登場!!

複雑に絡み合った事件のカラクリを特命係が解明する!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 18話は、下記の内容となります。

右京(水谷豊)はバーのママ・ヒロコ(深沢敦)に頼まれ、亘(反町隆史)と共にリゾート会社社員・光太郎(細田善彦)が金を強奪された事件を捜査。

光太郎は、買収予定の洋食店店主・宮倉(清水昭博)に契約金の一部を届ける道中で襲われた。

右京らが光太郎の会社を訪ね、上司・押田らに話を聞いていると、光太郎の兄・宗一郎が現れる。

さらに、押田が遺体で見つかり・・・。

相棒 あらすじ 18話の紹介でした。

「相棒 season18」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん&反町隆史さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント