駐在刑事 あらすじ 最終回

駐在刑事 あらすじ 最終回

人気シリーズの連ドラ第2弾!

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」3月6日(金)は、最終回の放送となります。

物語は、寺島進演じる“駐在さん”が奥多摩の平和を守る。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

駐在刑事 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

滝付近で夏子(田中美里)の夫・大輔(黒田大輔)の変死体が見つかる。

江波(寺島進)は夏子のアリバイを証言するが、彼女は参考人として取り調べを受ける。

一方、大輔はIT会社社長・桜田(内藤聖羽)に海人(髙橋來)の養育費を要求し、恐喝で訴えられていたことが発覚。

夏子と桜田が不倫関係だったとにらんだ加倉井(北村有起哉)は、DNA鑑定を行い、夏子の家を家宅捜索する。

以上が、駐在刑事 あらすじ 最終回の紹介でした。

金曜8時のドラマ「駐在刑事Season2」は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

寺島進さん ファンの方は、お見逃しなく‼

この記事へのコメント