パパがも一度恋をした あらすじ 6話

パパがも一度恋をした あらすじ 6話

小澤征悦主演!

「パパがも一度恋をした」3月7日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、塚地武雅が本上まなみ演じる妻の生まれ変わりに扮するコメディー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

パパがも一度恋をした あらすじ 6話は、下記の内容となります。

多恵子(本上まなみ)の実家から多恵子の中学時代の写真と手紙が届いた。

おっさん多恵子(塚地武雅)は、手紙に書かれた親友・えみこ(紺野まひる)のことを懐かしむ。

2人を会わせたい吾郎(小澤征悦)は、トカレフ(塚本高史)にえみこの行方を捜してもらう。

後日、トカレフが開いた合コンにえみこが現れた。

吾郎はおっさん多恵子を親戚のガンスケと紹介し、2人を再会させる。

以上が、パパがも一度恋をした あらすじ 6話の紹介でした。

「パパがも一度恋をした」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

小澤征悦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント