テセウスの船 あらすじ 8話

テセウスの船 あらすじ 8話

竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む!

「テセウスの船」3月8日(日)は、8話目の放送となります。

物語は、 “父と子の絆”を描く本格ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

テセウスの船 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)は小学校の放送室でみきお(柴崎楓雅)と向き合い、学校の外へ連れ出そうとするも、みきおが突然泣き出す。

駆け付けたさつき(麻生祐未)らにとがめられた心と文吾は、みきおが何もしないよう見張ることしかできない。

そんな中、お楽しみ会で児童に振る舞われる鍋にみきおが毒を入れた可能性が浮上。

一方、別の場所で新たな事件が起きる。

以上が、テセウスの船 あらすじ 8話の紹介でした。

「テセウスの船」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

竹内涼真さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント