知らなくていいコト あらすじ 最終回

知らなくていいコト あらすじ 最終回

冬の連続ドラマ水曜日のオススメは、 吉高由里子さん主演 「知らなくていいコト」です。

物語は、大石静脚本のお仕事系ヒューマンドラマ

3月11日(水)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじをチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

知らなくていいコト あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

30年前、乃十阿(小林薫)が幼い子供をかばって無実の罪を着たと知ったケイト(吉高由里子)は、現在息子が住むドイツに旅立っていた。

帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は事件の真相を書くよう迫る。

乃十阿の生涯をかけた秘密を暴き、息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイト。

しかし、乃十阿の無実を裏付けるような証拠も出てきて・・・!

その夜、尾高(柄本佑)から話があるとスタジオに呼ばれ・・・!

以上が、知らなくていいコト あらすじ 最終回の紹介でした。

「知らなくていいコト」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

吉高由里子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント