ケイジとケンジ あらすじ 最終回

ケイジとケンジ あらすじ 最終回

桐谷健太&東出昌大がW主演!

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」3月12日(木)は、最終回の放送となります。

物語は、刑事と検事の異色バディが衝突しながら事件に挑む事件解決バディ・ドラマ!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ケイジとケンジ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

横浜港近くの倉庫で暴行を受けた男性の遺体が見つかり、豪太(桐谷健太)ら桜木署のほか見城(池田成志)ら県警捜査一課、そして当番だった修平(東出昌大)がみなみ(比嘉愛未)と現場へ。

消された胸のタトゥーの痕跡などから被害者が‘半グレ集団’の一員と分かる。

さらに、豪太らが別件で追う久我山(桐山漣)の関与の疑いが浮上。

勝手に捜査を進める豪太に修平は・・・。

以上が、ケイジとケンジ あらすじ 最終回の紹介でした。

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

桐谷健太さん、東出昌大さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント