シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 最終回

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 最終回

清野菜名×横浜流星の“最凶バディ”誕生!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

3月15日(日)は、最終回の放送となります。

物語は、グレーな事件に隠された真相を華麗に暴く

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

リコとなったレン(清野菜名)が直輝(横浜流星)の復讐を身をていして止めてから1カ月がたつ。

レンとの思い出やミスパンダとなった彼女との日々を振り返った直輝は、春男(升毅)らがいる囲碁喫茶を訪れる。

直輝は謝罪の言葉を口にするが、憤る春男から暴言を吐かれてしまう。

世間に‘コアラ男誘拐事件’の真相が広まる中、佐島(佐藤二朗)と会った直輝は、ある覚悟を決める。

以上が、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 最終回の紹介でした。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

清野菜名さん、横浜流星さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント