絶対零度 あらすじ 最終回

絶対零度 あらすじ 最終回

沢村一樹さん 主演「絶対零度」の続編は、横山裕、本田翼に新メンバーも迎えスケールアップ

最終回に向け面白さが増してきました。

3月16日(月)は、最終回の放送となります。



絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

絶対零度 あらすじ 最終回は、下記のないょうとなります。

加賀美(柄本明)が過去に救った少年は篠田(高杉真宙)で、彼は一連の事件の真犯人だった。

小田切(本田翼)は自分がだまされたことが香坂(水野美紀)の死を招いたとショックを受け、警察を辞めると言って去っていく。

そんな中、危険人物に篠田が上がる。彼は防犯カメラにあえて写り、ミハンを挑発。

一方で井沢(沢村一樹)は、篠田が養護施設である人物と一緒だったと知る。

以上が、絶対零度 あらすじ 最終回の紹介でした。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

※ 最終回の放送は、21時00分~22時09分 までの拡大版となります。

沢村一樹さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント