相棒 あらすじ 最終回

相棒 あらすじ 最終回

2020年1月の冬ドラマ 水曜日のおすすめは「相棒 season18」です。

誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。

水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。

3月18日(水)は、最終回の放送となります。

右京が“推理力減退症候群"を発症!?

そんな中で起きた“解決不可能"な殺人事件!!

決定的証拠となる映像も信じてはならない・・・!?

全ての常識が覆される!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

相棒 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

政府と関係があった元武器開発会社社長・桂川(村上新悟)が自宅で殺された。

捜査会議に潜り込んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はその後、現場へ。

そこにいた青木(浅利陽介)から、現場のパソコンに桂川と内閣情報調査室職員・庸子(遠山景織子)の親密な動画が残されていたと聞く。

一方で、推理力低下がささやかれ始めた右京は、美彌子(仲間由紀恵)らに心配される。

相棒 あらすじ 最終回の紹介でした。

「相棒 season18」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん&反町隆史さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント