科捜研の女 あらすじ 最終回

科捜研の女 あらすじ 最終回

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

3月19日(木)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 最終回は、下記に内容となります。

20年前の殺人事件の犯人として逮捕された小説家・芳賀(田中要次)が無罪を主張。

マリコ(沢口靖子)らが再鑑定を行う。

写真家・狩野(比留間由哲)が自身の別荘で銃殺された事件で、宿泊していたのは妻・市香(河井青葉)や友人ら男女6人。

狩野と芳賀が口論となった翌朝、市香が狩野の遺体を発見。

猟銃から指紋が検出され、姿を消した芳賀が犯人とされたが・・・。

以上が、科捜研の女 あらすじ 最終回 の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント