M愛すべき人がいて あらすじ 2話

M愛すべき人がいて あらすじ 2話

安斉かれん&三浦翔平のW主演 土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」

4月25日(土)は、2話目の放送となります。

物語は、鈴木おさむ脚本! 歌姫・浜崎あゆみ誕生を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。




M愛すべき人がいて あらすじ 2話は、下記の内容となります。

マサ(三浦翔平)はアユ(安斉かれん)の所属事務所社長・中谷(高橋克典)に対し、アユを歌手として自分が育てたいと頼み込む。

大浜(高嶋政伸)は勝手な引き抜きは芸能界のルールに反すると警告する。

その後、マサはアユに米ニューヨークへ渡るよう指示。

渡米したアユを厳しい講師・天馬(水野美紀)が待ち受けていた。

一方、マサの部下・流川(白濱亜嵐)はマサの案でガールズグループのプロデュースをすることに。

候補生となった理沙(久保田紗友)はアユに負けないと息巻く。

そんな中、レッスンで落ち込むアユの前にマサが現れる。

以上が、M愛すべき人がいて あらすじ 2話の紹介でした。

「M 愛すべき人がいて」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

安斉かれんさんと三浦翔平さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント