隕石家族 あらすじ 4話

隕石家族 あらすじ 4話

「花嫁のれん」シリーズのスタッフがおくる

オトナの土ドラ「隕石家族」5月2日(土)は、4話目の放送となります。

物語は、地球最後の半年間を駆け抜ける家族を描く!!

最新のあらすじが、こうかいされました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。




隕石家族 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

巨大隕石衝突まで、あと123日。

その前触れなのか、直径80cmほどの隕石がいくつか落下。

その衝撃は地面を揺らし、全国各地で電波が一時不通になってしまう。

「もし、数キロもの隕石が落ちてきたら、こんなものでは済まない・・・」

門倉家の皆に、隕石の実感が迫る。

そんな中、久美子(羽田美智子)は、和彦(天野ひろゆき)と片瀬(中村俊介)が密かに会っていることを知り、正子(松原智恵子)は物忘れが多くなり・・・。

結月(北香那)は翔太(中尾暢樹)から「姉妹なのに全然似てない」と言われ、美咲(泉里香)に「貰われっ子」疑惑があることを話す。

久美子は片瀬に、和彦が自分の夫だと打ち明ける。

唖然とする片瀬。そして久美子は、二人が週末に鎌倉に行ったこと、和彦が片瀬とずっとそばに居たいと言ったことを知る。

「あの人の夢は、家族で一緒にその時を迎えることでは・・・」

疑心暗鬼になる久美子。

一方、美咲は、教師を辞めて田舎に疎開するという森山(遼河はるひ)に自分の気持ちを打ち明けるが、「さよなら」と冷たく言われてしまう。

帰宅した美咲は「この家を出る」と宣言。最後の時に先生の側に居てあげたいという美咲に驚く久美子たちだったが、別れを決める多数決が行われることになり・・・。

片瀬は和彦が自分に近づいた真意を聞くも、偶然だと言う和彦。

さらに片瀬に対し思いもよらぬ衝撃の告白が・・・。

そしてその時巨大隕石が!?

以上が、隕石家族 あらすじ 4話の紹介でした。

オトナの土ドラ「隕石家族」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

羽田美智子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント