M愛すべき人がいて あらすじ 3話

M愛すべき人がいて あらすじ 3話

安斉かれん&三浦翔平のW主演 土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」

5月2日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、鈴木おさむ脚本! 歌姫・浜崎あゆみ誕生を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。




M愛すべき人がいて あらすじ 3話は、下記の内容となります。

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。

反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。

会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。

ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが・・・。

翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。

しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。

何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。

一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。

私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し・・・。

ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。

彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユを“アーティスト”として売り出そうと考えたのだ。

作詞なんて無理・・・と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。

アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう・・・。

以上が、M愛すべき人がいて あらすじ 3話の紹介でした。

「M 愛すべき人がいて」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

安斉かれんさんと三浦翔平さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント