行列の女神 あらすじ 最終回

行列の女神 あらすじ 最終回

鈴木京香が“ラーメンのカリスマ”に!

「行列の女神~らーめん才遊記~」

物語は、苦境にあえぐラーメン店を救う女性職人の物語。

6月8日(月)は、最終回の放送となります。

ドラマの原作は、2009年から14年まで「ビッグコミックスペリオール」で連載されたラーメンを題材としたコミック「らーめん才遊記」

(クリックすると商品紹介のページに行けます。)


最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

行列の女神 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

「清流房」全店舗の近くに看板メニュー「濃口しょうゆ」と味も名前もそっくりなラーメンを出す店が出現。

150円も安いため客を奪われてしまう。

さらに「ジャパンフードサミット」で芹沢(鈴木京香)が統括するラーメン部門中止の連絡が。

ようこ(高畑淳子)の横やりだ。

批判するゆとり(黒島結菜)に、ようこは「ワクワクさせるラーメンを用意できたら撤回する」と言い放つ。

以上が、行列の女神 あらすじ 最終回の紹介でした。

ドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

鈴木京香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント