特捜9 あらすじ 5話

特捜9 あらすじ 5話

人気刑事ドラマの第3弾!

「特捜9 season3」6月17日(水)は、5話目の放送となります。

物語は、井ノ原快彦率いる個性派ぞろいの特捜班メンバーが事件に挑む!!

最新のあらすじが、公開されています。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。




特捜9 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

監察医の真澄(原沙知絵)が自殺とされた女性・沙織(竹内恵美)の遺体に疑念を抱き、直樹(井ノ原快彦)らは捜査を開始。

直樹は沙織が、所轄時代の先輩・門脇(橋本さとし)のかつての不倫相手だと思い出す。

沙織は門脇と同じく元警察官で、当時の沙織の上司は国木田(中村梅雀)だった。

沙織に好意を寄せる人物が明らかになる一方、青柳(吹越満)は門脇を怪しむ。

その頃、国木田は門脇の元を訪ね・・・。

以上が、特捜9 あらすじ 5話の紹介でした。

「特捜9 season3」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃し無しなく!!

この記事へのコメント