M愛すべき人がいて あらすじ 最終回

M愛すべき人がいて あらすじ 最終回

安斉かれん&三浦翔平のW主演 土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」

7月4日(土)は、最終回の放送となります。

物語は、鈴木おさむ脚本! 歌姫・浜崎あゆみ誕生を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

M愛すべき人がいて あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

大浜(高嶋政伸)に解雇を宣言されたマサ(三浦翔平)はアユ(安斉かれん)を守るため、大浜の指示で新しい巨大フェスの開発など三つの大型プロジェクトに携わることに。

礼香(田中みな実)はマサのスケジュールを埋め、アユのレコーディングは流川(白濱亜嵐)だけが立ち会うようになる。

不安を抱くアユはマサから自立のチャンスと励まされる。

マサが自宅で話す時間さえなくなるほど多忙を極める一方、アユは寂しさをこらえて仕事に打ち込む。

やがて、アユとマサの距離が少しずつ離れていく中、2人は久しぶりに出掛ける約束をする。

以上が、M愛すべき人がいて あらすじ 最終回の紹介でした。

「M 愛すべき人がいて」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

安斉かれんさんと三浦翔平さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント