家政夫のミタゾノ あらすじ 7話

家政夫のミタゾノ あらすじ 7話

松岡昌宏さん 主演 金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」

7月17日(金)は、7話の放送となります。

物語は、痛快ヒューマンドラマの第4シリーズです。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。




家政夫のミタゾノ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

‘ミステリー好きの家政婦に限る’という条件をクリアした三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は脚本家・祐実の家へ。

開局60周年ドラマの脚本の執筆が進まず、アシスタントの詩織に当たり散らす祐実。

彼女の師匠・紅葉は15年前、スランプで自殺しており、夫・英夫は紅葉の元夫だった。

一方、三田園らは英夫と詩織が男女の仲で、良からぬ計画を立てていると気付く。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 7話の紹介でした。

金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント