BG あらすじ 最終回

BG あらすじ 最終回

木村拓哉扮する“丸腰で護り抜く男”が心機一転!

「BG~身辺警護人~」7月30日(木)は、最終回の放送となります。

物語は、使命を貫き次なるステージへ!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

BG あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

「KICKSガード」にもたらされた情報にまゆ(菜々緒)や沢口(間宮祥太朗)が動揺する中、章(木村拓哉)に予期せぬ人物から警護依頼が。

それを受けるかどうかで高梨(斎藤工)と決裂した章は単身、依頼人から指定された廃倉庫へ向かう。

不穏なものを感じ取った息子の瞬(田中奏生)は高梨を訪ね、「非常に危険な依頼」だと聞かされた。

不安に駆られた瞬は多佳子(市川実日子)に現況を伝える。

一方、高梨はKICKSガードに出向き、協力を申し出る。

その頃、警護しながら目的地を目指す章の前に、加藤(中村織央)が姿を現す。

以上が、BG あらすじ 最終回の紹介でした。

「BG~身辺警護人~」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

木村拓哉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント