13サーティーン あらすじ 2話

13サーティーン あらすじ 2話

桜庭ななみが新境地を見せる!

オトナの土ドラ 13(サーティーン) 8月8日(土)は、2話目の放送となります。

物語は、英BBCの人気クライムサスペンスをリメーク

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

13サーティーン あらすじ 2話は、下記の内容となります。

隣町で起きた少女誘拐事件の犯人らしき男が写る防犯カメラ映像を見た百合亜(桜庭ななみ)は「カズキ」と口にする。

永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は13年前の事件を探るうち、百合亜が通う中学校の用務員だった一樹(藤森慎吾)の存在にたどり着く。

一方、麻美(板谷由夏)は手を尽くすが、百合亜は家族にも心を開かない。

そんな折、百合亜の元ボーイフレンド・渉(井上祐貴)が訪ねてくる。

以上が、13サーティーン あらすじ 2話の紹介でした。

オトナの土ドラ 13(サーティーン) の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

桜庭ななみさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント