半沢直樹 あらすじ 4話

半沢直樹 あらすじ 4話

堺雅人扮する半沢直樹が7年ぶりに復活!

日曜劇場「半沢直樹」8月9日(日)は、4話目の放送となります。

半沢、絶体絶命!

カギは因縁・大和田!?

気になるあらすじの紹介です。

半沢直樹 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

半沢(堺雅人)らは東京中央銀行の電脳雑伎集団への追加融資を阻止するため、電脳の秘密を知る元財務担当・玉置(今井朋彦)を捜す。

そして、玉置の父親が社長を務める電脳の子会社を訪れ、そこで玉置を発見。

だが玉置は、父親の特許に関する権利を電脳に握られているため口を開こうとしない。

一方、半沢の同期・渡真利(及川光博)は、半沢に出向の噂があることを伝える。

以上が、半沢直樹 あらすじ 4話の紹介でした。

日曜劇場「半沢直樹」の紹介は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

半沢直樹 ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント