未解決の女 あらすじ 2話

未解決の女 あらすじ 2話

肉体派・波瑠×頭脳派・鈴木京香の凸凹バディが復活!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」8月13日(木)は、2話目の放送となります。

物語は、文字を糸口に“未解決事件”に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

未解決の女 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

朋(波瑠)は、身元不明の絞殺体が身に着けていたスーツの内側にあった「藤原」の刺しゅうに注目。

癖のある字体が歌人・藤原定家の筆跡を模した「定家様」だと説明した理沙(鈴木京香)は、未解決の大学教授殺害事件を思い出す。

当時、古書店主から、鑑定のために預けた「定家本」がないと盗難届が出ていたが、准教授の真田が教授は偽物と鑑定済みだと証言していた。

以上が、未解決の女 あらすじ 2話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さん、鈴木京香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント