アンサング・シンデレラ あらすじ 5話

アンサング・シンデレラ あらすじ 5話

石原さとみさん 主演 木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」

物語は、病院薬剤師が患者のために奮闘するヒューマンドラマ。

8月13日(木)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

アンサング・シンデレラ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

末期がんの太一(伊武雅刀)への告知を巡ってぶつかる樹里(久保田紗友)と辰川(迫田孝也)。

みどり(石原さとみ)は2人の心のケアに努める。

そんな中、くるみ(西野七瀬)は薬物療法に関する資格を持つ刈谷(桜井ユキ)の仕事に興味を抱く。

くるみの意欲をうれしく思うみどりだったが、薬剤部副部長・七尾(池田鉄洋)が提案した治験に関し、みどりとくるみの意見が分かれ・・・。

以上が、アンサング・シンデレラ あらすじ 5話の紹介でした。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント