13サーティーン あらすじ 3話

13サーティーン あらすじ 3話

桜庭ななみが新境地を見せる!

オトナの土ドラ 13(サーティーン) 8月15日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、英BBCの人気クライムサスペンスをリメーク

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

13サーティーン あらすじ 3話は、下記の内容となります。

一樹(藤森慎吾)の自宅から彼の弟・優樹(大窪人衛)と思われる白骨体が発見される。

永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は、百合亜(桜庭ななみ)に一樹の行方をただすが、彼女は分からないと言うばかり。

その頃、麻美(板谷由夏)らは百合亜宛てに届いた封書に凍り付いていた。

その後、百合亜と一樹が写る3年前の防犯カメラ映像が見つかる。

永井は恋人同士のような2人に衝撃を受ける。

以上が、13サーティーン あらすじ 3話の紹介でした。

オトナの土ドラ 13(サーティーン) の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

桜庭ななみさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント