刑事7人 あらすじ 3話

刑事7人 あらすじ 3話

東山紀之ら“最強の7人”が前代未聞の謎を追う!

「刑事7人」8月19日(水)は、3話目の放送となります。

物語は、ロングランシリーズ第6弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

再生可能エネルギーの研究所職員が殺され、所長の中西(冨家規政)の元を訪ねた天樹(東山紀之)は飾られた写真に着目する。

研究所を支援するNPO法人の代表・釜本(篠井英介)らと一緒に写る女性(佐藤寛子)が警察官と気付いた天樹は、彼女が偽名で公安の任務に就いていたと推測。

環(倉科カナ)と拓海(白洲迅)、青山(塚本高史)がそれぞれ関連施設への潜入捜査を行う。

以上が、刑事7人 あらすじ 3話の紹介でした。

「刑事7人」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

東山紀之さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント